特長:負荷変動に対して振幅変化が極小な発振機です。
        面倒な位相差調整、インピーダンス調整は一切必要ありません

    又、1本のホーンで常温〜250℃までの任意の温度で発振制御可能です。

     (オプションで400℃まで可)
品番            :WFB−1−40、WFB−2−40(特注)、WFB−3−40
周波数           :40kHz
  周波数自動追尾定振幅発振回路内臓発振機(他励式)
  ATHMOS方式(Automatic Tuning Hold Master Oscillator System)
   http://www.nfuture.co.jp/powerpp/hassinkairo.files/frame.htm
最大定格出力      :200W
最大振幅         :WFB−1−40はMAX4μ(ホーン形状にて最大振幅は変化します)
                :WFB−2−40はMAX6μ(同上)
                :WFB−3−40はMAX3μ(同上)
振幅可変        :外部制御機器より0〜5.5V入力にて(実質1〜100%)
                低振幅用:0.1μ〜4μ、高振幅用:0.5〜6μ
超音波発振時間     :外部制御機器より接点&5.5VDC入力(24VDC可)、入力時間中発振

発振機サイズ       :250×150×360縦型

                                  発振機
ボタン
ロゴ


1.超音波接合用ヘッド